友人葬の流れ

友人葬とは

創価学会の葬儀を『友人葬』と呼び日蓮正宗との関係を解消した1991年(平成3年)の後半より僧侶を呼ばない新しい葬儀の形態を宗教改革の一環として取り入れました。地域で訓練された儀典部が導師を執り行ってくれます。式次第などは基本的に仏式の葬儀と殆ど変わりません。大きく変わるのは袈裟を着た僧侶の替わりに喪服を着た儀典部が読経・唱題をする事と戒名が無い2点になります。

戒名を付ける事を禁止した訳ではありません。必要と思われた家族には付ける事も出来ます。そもそも戒名とは出家する時に付ける戒律を守る名前で死後に戒名を付ける習慣は江戸時代の檀家制度によるもので全ての住民は必ず何処かの寺院に属して檀家になる法律でした。家族が亡くなった場合は寺院に連絡をして檀家だと証明書を発行してもらわないと葬儀が出来ませんでした。幕府が新しい思想であるキリスト教を日本に広めない為の制度だったのです。

その事で寺院の権力は絶大なものになり『坊主丸儲け』『地獄の沙汰も金次第』
など民衆の苦しみから生まれた言葉が現代にも残っております。家族・親戚・友人・地域の方々・会社関係・町内会・老人会など誰を呼んでも構いません。皆で故人を偲ぶ事は尊く素晴らしい事です。法華経の方便品・寿量品を真心から読経・唱題して南無妙法蓮華経の題目を唱え追善供養(回向)を行います。

親は熱心だったが自分たちは創価学会の事は分からない・・・そう言った悩みを持っている家族や親戚の方は是非に当社へご相談下さい。

葬儀について

葬儀について

1) 式場の決定
2) 告別式の日程の決定
3) 喪主の決定
4) 葬儀の規模の決定

葬儀について

5) お写真の用意
6) 返礼品選定
7) 会葬礼状の枚数の確定
8) お料理(通夜・精進落し)

葬儀について

9) 車両・マイクロなどの確認
10) 葬儀委員長の有無
11) 受付整理などの役員の決定
12) 親族代表あいさつの決定

死亡届書式にご遺族が記入し、役所で手続きをします。
「火葬埋葬許可証」を発行してもらいます。許可証がなければ火葬はできません。届出に印鑑が必要です。

告別式までの流れ

ご臨終

1.ご臨終

医師により死亡確認後、死亡診断書をもらいます。
事故死の場合は警察の指示にしたがって検視を受け、検案書をもらいます。

連絡先: 光耀社
総合受付フリーダイヤル
0120-354-453(無料)年中無休・24時間営業

ご遺体の搬送

2.ご遺体の搬送

ご遺体を無料にてご自宅までご移送します。
ご自宅にもどれない場合は直接斎場もしくは、保管室にご安置いたします。

安置枕飾り

3.安置枕飾り

清潔な布団・白のシーツを用意します。
ご安置して弔問・焼香にそなえ、三具足・枕飾りをします。

関係者への連絡・打ち合わせ

4.関係者への連絡・打ち合わせ

  • 1)式場の決定
  • 2)告別式の日程
  • 3)喪主の決定
  • 4)葬儀の規模
  • 5)お写真の用意
  • 6)返礼品選定
  • 7)会葬礼状の枚数
  • 8)お料理(通夜・精進落し)
  • 9)車両・マイクロなどの確認
  • 10)葬儀委員長の有無
  • 11)受付整理などの役員の決定
  • 12)親族代表あいさつの決定
ご納棺

5.ご納棺

故人に旅支度を整えます。
故人が生前に愛用された品物を副葬品として一緒に入れます。ご遺族・ご親族のお身内によりお棺に納めます。
(注)火葬の都合上、金属・ガラス製品は避けてください

通夜式

6.通夜式

祭壇を設営します。
通夜は通常18:00か19:00に執り行います。
席次は祭壇に近い方から、喪主・肉親・近親者・友人などの順です。
導師により読経・焼香をします。

告別式・お別れ

7.告別式・お別れ

読経・焼香の後に弔辞、弔電の拝読などがございます。
葬儀終了いたしましたら、親族の方々でお花を棺に入れお別れをいたします。
親族の男性の方が霊柩車までお運びます。

ご出棺

8.ご出棺

お棺を霊柩車に納めた後に、ご会葬者の方々に親戚代表のあいさつがあります。
それぞれ、白木の位牌・遺影を持ち、霊柩車と供車
(ハイヤー・マイクロバス)に分乗し火葬場に向かいます。

火葬・拾骨

9.火葬・拾骨

火葬場の案内で所定の火炉にて点火されます。
火葬の間は、控室で待ちます。
収骨の時間になりましたら、二人で一組になり、骨片をはさみ骨壺に納めます。

精進落し

10.精進落し

初七日法要は亡くなった日を入れて七日目に行うのが本来ですが、多忙な現在はその日の内に行うか、葬儀に引き続き行うことが多いようです。
法要後、施主はお手伝いの方や親近者に精進落しの料理でおもてなしをします。

24時間365日相談受付 携帯からでもOK フリーダイヤル0120-354-453
お問い合わせ・資料請求
24時間365日相談受付 携帯からでもOK フリーダイヤル0120-354-453
お問い合わせ・資料請求